GLOWが大切にしていること

世界には、開発途上国を中心とする地域の健康格差が、日本には、政策だけでは改善されない地方の医療格差があります。世界も日本も、健康や医療に関する格差については、これまでも幾度となく問題視されてきていますが、なかなか解決されません。問題は複雑かもしれません。
医師や看護師だけで、どうにかなることではないかもしれません。果たして、医師や看護師は、何もできないのでしょうか。傍観するだけなのでしょうか。
いえ、そうではないはずです。医師や看護師は、こういった現状に何も思っていないわけではありません。国際保健や地域医療の最前線に飛び込みたいと思い、医師や看護師になった人も少なくないのでないでしょうか。
では、なぜそれは、毎日の医療業務に走り回っている中、国際保健や地域医療の現場で活躍するための、効果的な手段が見つからなかったから。自分のスキルや想いが本当に役立つ、現場と出会えなかったから。これからは医療従事者の思いを形にできるように、GLOWが応援していきます。

GLOWについて

GLOWが大切にしていること

GLOWの名称について

Global and Local health for Our Worldの略語であり、類似音である「GROW(育てる)」の意味を持ち合わせた名称。「当会の“目指す社会”に近づくために、“ミッション”“大切にしていること”を実現するために、世界の至るところに存在する保健医療の課題を、その地域に即した視点で考え、改善できるような人材を育成(GROW)したい」こうした思いを込め、GLOW(読み方:グロー)という名称にしました。