石巻赤十字病院

石巻赤十字病院 石巻赤十字病院

石巻赤十字病院

石巻市は、旧北上川の河口に位置し、宮城県北東部地域を代表する風光明媚な都市です。伊達藩の統治下には、水運交通の拠点に位置する「奥州最大の米の集積港」として全国的に知られた交易都市でした。近年は、平成元年に石巻専修大学が開学するとともに、三陸縦貫自動車道の石巻までの延伸、石巻トゥモロービジネスタウン分譲開始、石巻港の整備など、21世紀を迎え、さらなる発展が期待されています。また、平成13年7月23日には、本市が進めるマンガランド構想の中核施設となる「石ノ森萬画館」が完成しました。平成17年4月1日には石巻地域1市6町が合併し、新・石巻市として新たなスタートを切りました。当院は断らない救急を実践し30万人の医療を担う急性期病院です。

受け入れ診療科

腎臓内科、呼吸器内科、消化器内科、外科、呼吸器外科、乳腺外科、眼科、泌尿器科、救急科

プログラムの特徴

最良の医療環境で幅広い症例に経験し、専門スタッフと連携したチーム医療を実践することによって、あらゆる局面に対応できる真のスペシャリストを養成する。石巻赤十字病院の研修では内科系のプログラムにおいて合同プログラムとして地域医療研修の3年間のうち上限1年間を限度に診療所および在宅診療研修とし石巻市立開成仮診療所などでの研修が可能です。

病院スタッフからの声

金田巌
金田巌 石巻赤十字病院は大正15年に日本赤十字社宮城県支部病院として創設された86年の歴史と伝統を有する病院です。当院の理念は・赤十字精神をもって医療を行います(mission)・地域から信頼される病院を目指します(vision)・皆さまと私たち職員の満足を大切にします(value)であります。
また、当院の責務を果たすべく、2012年~2014年度の中期計画を立案し、そこには2017年度の経営目標を以下の4つの柱に置き、「東北一活気ある病院」を実現したいと思います。
①優れた医療人を惹きつけ、成長させ、働いてよかったと思える病院
②宮城県北東部の高度医療を担う病院
③最高の治療環境を整えた病院
④地域医療の復興を支える病院
当院では皆さんに、スペシャリストとしての研鑽をしていただくことは勿論、初期研修医への教育や看護師をはじめとしたコメディカルとのチーム医療を通じて、ジェネラリストとしての能力の維持・発展も図っていただけると確信しております。

石渡悟

石渡悟
石渡悟 地域の中核病院として来院患者を選ばないことから、比較的稀な疾患から、典型的な疾患まで内科系・外科系を問わず様々な症例を経験出来ます。そして手技は実践重視で、どんどん実施してもらう体制です。もし分けるとすればどちらかというと体育会系研修病院のカテゴリーに属すると思っています。自ら考え、行動する研修を目指し、その中で十分力を発揮できるようバックアップしていきたいと思います。