徳之島徳洲会病院

徳之島徳洲会病院 徳之島徳洲会病院

徳之島徳洲会病院

徳之島は、鹿児島県本土から南へ約468km、周囲約90kmの亜熱帯の島です。徳之島町・天城町・伊仙町の3町からなり、人口は約2万8000人です。島で唯一の総合病院として、また、全国的にも出生率の高い徳之島で、唯一の分娩施設になります。院内に訪問看護部、居宅介護支援事業所を持ち、島内に同グループの老健施設やグループホームがあったりと、地域との連携が見えやすい特徴があります。

受け入れ診療科

内科・神経内科・呼吸器科・消化器科・循環器科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・形成外科・肛門科・眼科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・麻酔科・放射線科

プログラムの特徴

徳之島徳洲会病院 1つの病棟においても軽症から超重症までとても幅広い疾患を診ますので、様々な科の知識が求められます。離島での臨床と、地域との連携を学び、そして病院内にある訪問看護部での訪問看護研修でより身近に離島の生活に触れながら、地域をみる視点が養われます。また、2週間の保健センターでの研修も組み込むことができます。

病院スタッフからの声

木原寿美子
木原寿美子 徳之島徳洲会病院の訪問看護は、院内に配置され各部署との連携もスムーズ。
看護師6名、事務員2名で、237名の利用者への訪問看護、診療補助、請求業務と…日々忙しく島内を車で走り廻っています。病院と違い在宅では患者さんやその家族が主体となります。地域や家族の一員としての役割や立場 を理解し、暮らしや生活に密着したその人らしいアプローチが必要になります。教科書では教えてもらえない魅力に満ち溢れているのが在宅の魅力だと思っています。医療人として…というより人として…根っこの大切な部分に気付きを与えてくれる日々。地域の力、家族の力、そして何より住み慣れた環境が与えてくれる偉大なパワーに凄いと感じる毎日です。そんな偉大なパワーがある在宅で患者さんが望むのなら入院せず最大限可能な治療や看護が提供したい。と日々悪戦苦闘しています。在宅医療、訪問看護に少しでも興味、関心がある方は短期間でもいいので、是非一緒に、泣いたり笑ったり、感動したり…患者さんや家族の人生の一部に触れ、自分の価値観や看護観を見つめ直してみませんか?地域には人情味溢れるあたたか~い人々が心を開いて私達をむかえいれてくれてます。スタッフも楽しみにお待ちしています。

姉崎沙緒里

姉崎沙緒里
姉崎沙緒里 徳之島に行けて特に良かったと思う一つ目の理由は、島に一つの総合病院として、急性期から予防医療までの役割を担う病院での経験です。天候次第でドクターヘリが飛ばない等、不便な事もありますが、島に居る医療従事者、有る物の中でいかに有効な医療を行うかという視点を学べました。又、在宅での顔と顔の見える連携の中、患者さんが主役の医療を経験出来て良かったです。二つ目は、島の人がとても温かく第二の故郷が出来たことです。私はこれからも国際協力に関わりたく、勤務地が転々とする事が考えられる中、故郷と呼べる場所は大変貴重な存在です。